EDは、基本的には院内処方

日本でED治療薬を購入したいという場合には、医療機関を受診する必要があります。一般的な医薬品の場合、医療機関を受診し、処方箋を受け取り対応している薬局で医薬品を受取るという流れになりますが、薬局でED治療薬を受取るということに抵抗を感じる人も少なくはありません。

そのような人に考慮して多くの場合はわざわざ薬局に行く必要のない院内処方を行っています。

医療機関を選ぶ時には、ED治療に関する知識・経験が豊富な医師のいる専門クリニックを選ぶようにしましょう。一口にED治療薬といっても、適している医薬品はひとりひとりの原因により異なりますし、要望によっても異なります。

問診・診察が行われますが、触診などが行われることは基本的にありませんので、安心して受診することが出来ます。

ED治療には保険が適用されませんので、(基本的には)保険証を用意する必要はありません。あらかじめ予約が必要となることもありますので、確認をすることをおすすめします。

数によっては在庫がないことも多い

ED治療薬は1錠から処方してもらうことが出来ます。しかし、度々受診する時間がない・面倒に感じているという場合には、一度の受診で大量に購入したいと感じている人もいることでしょう。

クリニックによって、一度の処方量の上限が設けられている可能性がありますので、一度の受診でまとめてED治療薬を購入したいという場合には、上限数を確認することをおすすめします。

製造工場の稼働状況や世界情勢によって、製造が遅れてしまうこともあります。そのような場合、これまで購入することが出来ていた数でも、在庫がなく購入することが出来なくなる可能性があります。

ED治療薬はいくつかの種類がありますが、その全てがそのような状況に陥るということはないかもしれませんが、在庫がないからと言って、他のタイプの治療薬に切り替えて同じような効果が得られるとは限りません。

いずれにしても、まとめて購入したいという時には確認することをおすすめします。

安心して。薬剤師は医療従事者です

薬剤師は性別関係なく存在しています。ED治療薬を購入する時に女性の薬剤師に用意してもらうということに対して、恥ずかしさを感じるという人も少なくはないでしょう。

しかし、女性であっても男性であっても医療従事者として誇りを持って働いているということに違いはありません。

そして、医師や薬剤師などの医療従事者には守秘義務というものがあります。

守秘義務という言葉を聞いたことがあるという人でも、それがどのようなものであるのかを正しく理解しているという人はあまりいないかもしれませんが、これは業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を正当な理由がないのに他社に漏らした場合には6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられるというものです。

つまり、ED治療薬を購入したということが他の人にバレるというはありませんので、安心して購入することが出来ます。医薬品の服用方法や注意点についてはしっかりと確認をするようにしましょう。

まとめ

インターネットの普及により、医薬品を個人輸入という方法で海外から個人的に購入する人が増えてきています。

個人輸入で購入される医薬品の中にはED治療薬などの他の人に相談しにくいタイプのものが多いという傾向にあります。

しかし、個人輸入で購入した医薬品の中には効果がないもしくは副作用の危険性の高い偽物も高い確率で含まれていると言われています。

そこで、安全なED治療薬を購入したいという場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

保険は適用されませんので、個人輸入で購入する場合と比べると費用は高くなりますが、様々な相談をすることが出来ますし、院内処方であることが一般的ですので、他の人の目を気にすることなく治療薬を手に入れることが出来ます。